Kappa Infinito クニテックウェブサイト TopPage
Copyright (c) 2000-2008 KUNITEC Co., Ltd.

理想の音像再生を探求する

TIMEDOMAIN Yoshii9 MK2 Genero´so

LISTA (メニュー)
 

聴くとわかる自然な音”タイムドメインスピーカー”

 ホールを空間ごと再現する”TIMEDOMAIN Yoshii 9 Mk2"

別世界へ誘う”KIチューニングモデル”

 自然な空間や楽器らしさを再現するフラッグシップモデル” Yoshii 9 Mk2 Generóso"

 より深くクリアに広がる音空間モデル”midTower toccante”

 スタイリッシュな大人の超高解像音モデル”i-Side SQ-13”

自分だけのスピーカーを作る

 タイムドメインスピーカーを自分で組み立てる”LabKIT-SPK-080”

 

聴くとわかる自然な音“タイムドメインスピーカー”

タイムドメインとの出会い!

      それは、正しい音を聴くということ!!

タイムドメイン ミニ Eタイプ プレミアム “タイムドメイン“とは時間方向を重視する考え方。

CDやDVD等に記録された音の形をそのまま崩さずに音にすることをベストと考えます。

音の形が崩れるというのは、どういうことか?

例えばカラオケの「エコー」は、マイクに入った音に対して、時間的にずらした音を加えています。
スピーカーから出るエコーが足された音は、「本来マイクに入った音の形とは違うもの」を聴いているということになります。

このエコーに相当する効果は、実に様々なところで起きています。

一番大きなものは、スピーカーの箱。

この箱の響きで音色を作っているわけですが、それは元の音源には無い音を加えているという意味で、カラオケのエコーと同じことです。

また、スピーカーの箱だけでなく、置いている台の音やスピーカーの素材、アンプの振動、電源のノイズなど、数えきれない程、足を引っ張る要素があることは、これまで2009年以来タイムドメインスピーカーのチューニングと向き合ってきて、数多くを認識するようになりました。

その成果は、これまで“Tuned by T-Loop”製品として、多くの方から高い評価をいただいています。

ライト Aタイプ プレミアム

CDに記録されている演奏者の想いを、もっと伝えたい。

「何も足さない、何も引かない」

タイムドメインスピーカー専門とするチューニング工房のノウハウで、最適なスピーカーをご提案してまいります。

※タイムドメイン理論は、(株)タイムドメイン社の由井啓之氏が体系化した音響再生理論です。
 タイムドメイン社のホームページに、詳細な説明が掲載されています。

ホールを空間ごと再現する “TIMEDOMAIN Yoshii 9 Mk2”

16年ぶりにモデルチェンジした"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2"

ヨシイ9 マーク2従来のTIMEDOMAIN Yoshii 9のバランスを完全に継承しつつ、もう一回り広い音域まで再現力が進化しました。

弦楽器の繊細さやクセのつかないフラットな特性はそのままに、低音の音域が伸びたことで、太鼓の質感や楽器に残る微弱な余韻が増え、その楽器らしさを感じることで、さらに繊細な再現力の高解像立体再生音になっています。

直感的理解できる疲れない音空間で、生演奏のような音空間を是非ご堪能ください。

お客様の声

試聴室で実際に"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2"をお聴きいただいたお客様(主にYoshii 9やDemension09オーナーの方)から、以下のような感想をいただいております。

>TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2

  1. MKIIの方が低域部の伸びと、分解能が改良されていて、よりよかったです。
  2. 前モデルに比べ、1ランク音質が上がった印象。
  3. 音源によっては、Yoshii 9らしからぬ極低音がでてきますね。

Yoshii 9 Mk2

"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2"の購入を希望の方は、下記のリンクからお申し込みください。

TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2Kappa Infinito オンラインショップ
"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2

 

別世界へ誘う“KIチューンモデル”

Kappa Infinitoが目指すものは、ハンドメイドならではの技で、より「何も足さない、何も引かない」に近づけること。
それにより、今まで見えて来なかった音像のディテールや奥行き情報が広がり、未経験の音空間を堪能していただけると思います。

自然な空間や楽器らしさを再現するKIセットモデル ”Yoshii 9 Mk2 Generóso”

このYoshii 9 MK2は、ノーマル状態でも十分な性能ではありますが、その能力をとことん楽しむためにKappa Infinitoとしてプロデュースしたのが、

KIチューンモデル”Yoshii 9 Mk2 Generóso”

です。

ヨシイ9 マーク2 ジェネローソ筒の一番上にスピーカーユニットをマウントするTIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2は、共鳴を極力抑えた構造で、余計な音を足しませんが、唯一足元へは直接振動が伝わるため、足元の環境を改善することで、音質がさらに向上します。

Kappa Infinitoでは、Yoshii 9 MK2に合わせて、新しい大理石製インシュレーターをデザインしました。筒も円盤も一回り大きくなり安定感を増した外観に合わせ、それをしっかり支えるべく、大きめのインシュレーターとなっています。

大理石が大きくなったことで、音質の足を引っ張る振動の吸収効果も容量アップし、スピーカーユニットが仕事をより発揮できる再生環境を整えています。

ジェネローソ用インシュレーター

iFi-Audio iPurifier DC ファインメットケーブルセット加えて、電源の質を改善する電源フィルターIFi-Audio iPurifier DCと、その改善幅をアップする特製ファインメットフィルターをセットにしました。

IFi-Audio iPurifier DCは、電源ノイズに対して積極的にノイズキャンセリングを行うことで、劇的に電源ノイズを改善する電源フィルターです。ファインメットフィルターを併用することで、より効果的に仕事ができるようになります。

この足元と電源を改善することで実現する、

"極上の立体音像空間"

を是非ご自宅でご堪能ください。

お客様の声

試聴室で実際に"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2"や"Yoshii 9 Mk2 Generóso"をお聴きいただいたお客様(主にYoshii 9やDemension09オーナーの方)から、以下のような感想をいただいております。

Yoshii 9 Mk2 Generóso

  1. 前後空間の広がりは、全然違いますね。
  2. 無音が静かになると、音全体がよりくっきり聴こえててくる感じ。

Yoshii 9 Mk2

"Yoshii 9 Mk2 Generóso"の購入を希望の方は、下記のリンクからお申し込みください。

TIMEDOMAIN Yoshii 9 Mk2 GenerosoKappa Infinito オンラインショップ
Yoshii 9 Mk2 Generóso

なお、大理石製インシュレーターは、天然石を使用しているため、同じ模様はありません。また、部材の都合で色が変わることがありますので、あらかじめご了承ください。色については、お問い合わせください。

"TIMEDOMAIN Yoshii 9 MK2"や"Yoshii 9 Mk2 Generóso"は、試聴室にてご試聴いただけます。是非一度、その音をご体験ください。ご予約にて休日の試聴にも対応致します。

より深くクリアに広がる音空間モデル”midTower toccante”

シロクマ社のmidTower TD-1は、Yoshii9と同じスピーカーユニットを搭載し、筒の上に上向きで取り付けられている、Yoshii 9と同じ方式のスピーカーです。

ミッドタワー トカンテ高さが約半分とコンパクトなこと。
そして、それゆえに下がる音像が一番の特徴的な違いとなります。

丁度テレビの映像の高さで音像の縦・横・奥行きが定位するため、映像とマッチしてより立体的な視覚効果を感じられることが、midTowerならではの魅力となります。

ノーマル状態でも十分な性能ではありますが、この音にさらに低い極低音を加えたのが、

KIチューンモデル”midTower toccante”

です。

ミッドタワー トカンテTIMEDOMAIN Yoshii9と言えば、仮想グランドという独特のスピーカー支持構造が特長ですが、KIチューンではさらに仮想一点支持構造を目指して、midTowerにチューニングを施しています。

加えて、床からの振動の跳ね返りを改善する大理石製インシュレーターを併用することで、ノーマルとは別世界の音空間を創り出します。

このスピーカーチューニングと大理石インシュレーターを組み合わせた効果の一つとして、極低音の再現性向上が挙げられます。
例えばバスドラのビートがより低い音域まで聴こえるため、スピーカーで膨らましたボケた量感ではなく、あくまでもクリアな音のまま量感を感じるようになります。

midTower toccanteのチューンでは、単に極低音が聴こえるようになっただけでなく、音の足を引っ張る根本原因を改善しているため、全音域で音粒がよりクリアになり、ダイナミックレンジ(音の高低や強弱のメリハリ)が広がる傾向です。

大理石製toccante用インシュレーターは、midTower本体にマッチする六角形デザインとしました。さらに大理石を2枚重ねることで、振動吸収効果を強化しています。

是非、肌で感じるダイナミックな音像をご堪能ください。

お客様の声

試聴室で実際にmidTower toccanteをお聴きいただいたお客様からいただいた感想です。

  1. 確かに音像が低いことで、テレビ映像にはぴったり合い、映像に奥行きを感じる。
  2. midTowerのTuneモデルの音もすばらしかった。

midTower toccanteをお聴きいただいたお客様が、感想をアップしたブログ。

  1. 新大陸への誘い

ミッドタワー トカンテ

KIチューニングモデル“midTower toccante"の購入を希望の方は、下記のリンクからお申し込みください。

ミッドタワー トカンテKappa Infinito オンラインショップ
midTower toccante

ミッドタワー トカンテ YA2アンプセットKappa Infinito オンラインショップ
midTower toccante YA2アンプセット

ミッドタワー トカンテ 真空管アンプセットKappa Infinito オンラインショップ
midTower toccante 真空管アンプセット

なお、スピーカー本体の色は、写真のつや消しブラックと、つや有りシルバーの2色を選ぶことができます。受注後にチューニング加工を行いますので、納期は約1週間となります。
また、大理石製インシュレーターは、天然石を使用しているため、同じ模様はありません。また、部材の都合で色味が変わることがありますので、あらかじめご了承ください。色味については、お問い合わせください。

KIチューニングモデル“midTower toccante"は、試聴室にてご試聴いただけます。是非一度、その音をご体験ください。ご予約にて休日の試聴にも対応致します。

 

スタイリッシュな大人の超高解像音モデル”i-Side SQ-13”

アイサイド SQ-13 タイプ R

見た目は、アルミの塊のオブジェ。

そのソリッドでシンプルなデザインは、スピーカーらしさを感じさせないインテリアです。

そこから出てくる音も、スピーカーの位置をまったく感じさせない、空中から聴こえてくる音。

正に、タイムドメインの理想に近づいたときに起きる現象です。

そんな永年のタイムドメインスピーカー作りの粋を集めたのが、

TIMEDOMAIN Lab ”i-Side SQ-13 Type R/Type S”

です。

アイサイド SQ-13 タイプ STIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13の特徴は、Yoshii 9の「仮想グランド構造」とも異なる、「1点支持構造」。

スピーカーユニットで発生する上下振動を1点で支持することで、支える部材に濁りの少ない振動が伝わり、余計な共鳴や干渉音が出にくい構造となっています。

そして、筒自体もアルミの塊から削り出すことで、継ぎ目が最少となり、伝わる振動がシンプルになることで、余計な音が出にくくなっています。

もう一つの利点が、スピーカーユニットを剛体(金属棒)で直接支えていること。スピーカーユニットが上下に逃げないことで、音粒の芯がしっかりし、超高解像音を実現する理由の一つとなっています。

アンプもアルミの塊から削りだすという贅沢な構造になっており、最新の注意を払って振動対策を施すことで、極上の音をスピーカーへ供給することができます。

見た目の上質感だけでなく、中身も上質な設計で作られているため、概観からは想像つかないような音が出てくるのです。

上質な大人の高解像音空間を是非ご自宅でご堪能ください。

i-Side SQ-13

“TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13"の購入を希望の方は、下記のリンクからお申し込みください。

TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13 Type RKappa Infinito オンラインショップ
TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13 Type R

スピーカーの角が丸みを帯びているデザインです。

TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13 Type SKappa Infinito オンラインショップ
TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13 Type S

スピーカーの角がシャープなデザインです。

“TIMEDOMAIN Lab i-Side SQ-13 Type R"は、試聴室にてご試聴いただけます。是非一度、その音をご体験ください。ご予約にて休日の試聴にも対応致します。

自分だけのスピーカーを作る

タイムドメインスピーカーの理想は、「何も足さない、何も引かない」

この単純明快な目標に向かって、正しいことをすれば音が良くなり、間違えたことをすれば音が悪くなったりゆがんだりします。

タイムドメインスピーカーを弄る楽しみは、自分の工夫した結果が明快に出ること!

さあ、好奇心をむき出しにして、究極のタイムドメインスピーカーに挑戦してみませんか?

タイムドメインスピーカーを自分で組み立てる”LabKIT-SPK-080”

LabKIT-SPK-080タイムドメインラボ社の「LabKIT-SPK-080」は、Yoshii9と同じ仮想グランドタイプのタイムドメインスピーカー組み立てキットです。タイムドメインラボ社製スピーカーユニットH080D-AFを始め、スピーカー2本分に必要なパーツがすべて揃っているので、あとはものさし、ハサミ、両面テープ(30mm幅推奨)を用意すれば、4〜5時間で組み立てられます。

そして、各パーツを取り替えることで、自分だけのオリジナルチューニングスピーカーに発展させることができます。

また、透明パイプで内部が見えるので、ビジュアルに凝ったおしゃれなスピーカーにすることも可能。

理想のスピーカーを目指して、挑戦してみてください。

タイムドメインスピーカー組み立てキット“LabKIT-SPK-080"の購入を希望の方は、下記のリンクからお申し込みください。

LabKIT-SPK-080Kappa Infinito オンラインショップ
LabKIT-SPK-080


 

kappa  Infinito メインページ スピーカー チューニング エノキダケ マイク ナチュラル PA タイムドメイン 試聴室 タイムドメイン 試聴室 カッパー・インフィニート・オンラインショップ